京都で楽しむ着物生活

技術と文化

京都は日本でも指折りの古都だと言えます。
その歴史は長く、京都には様々な文化、伝統、芸術が今も尚見ることができるのです。


そうした美しい京都の文化に憧れる方は少なくありません。
観光地としてもトップクラスの人気を維持し続けているのが京都です。
トップクラス

 

春や秋の観光シーズンには、日常生活に支障をきたすほどの混雑が街のいたるところで起きています。
それほど京都という土地やその文化に魅了されている人が多いのです。

京都の呉服は西陣織を代表とし、全国的にも非常に有名です。
そのため京都にはこうした西陣織の技術や文化の継承が今でも行われいているのです。

何も西陣の織りかたや染色技術を学ぶことが文化や伝統の継承ではありません。
その着付け方を学ぶのも伝統文化の継承なのです。

京都には様々な着付け教室をみることができます。
着付けとは文化の継承で有ると共に、それを趣味にすると非常に健康に良いとされるのです。

文化

着つけとは、合わせ方、ひもの結び方、襟の出し方など細部にこだわりぬき、なおかつ非常に頭を使うものなのです。
そのためこうしたことを趣味にしていると痴呆症の予防につながることは言うまでもありません。

着つけ教室では訪問着のほか、袴や、十二単、花嫁衣裳、振袖などの着つけ方も学びます。
特に振袖や十二単になってくると着物を持ち上げるだけでも全身汗びっしょりになるほどエネルギーを消費します。

そのためウォーキングよりも消費カロリーが多く、非常に体によい運動となるのです。