京都で楽しむ着物生活

京女のススメ

京都といえば日本で一番といえるほど、古来より受け継がれた伝統が今も生活に色濃く残る土地です。
そんな京都では、他の地域よりも着物姿で街を歩く女性達をよく目にします。


舞妓や芸妓以外にも日本舞踊や作法などの教室に通う人や、生活の一部に着物が浸透している人が多いのがその理由です。
生活の一部

京都には多くの着付け教室があるので、今から着付けを趣味で始めたいという人や、
昔習っていたけれどもう一度しっかりと習いたいという人は、京都にたくさんある教室の中から
自分に合ったところを選ぶとよいでしょう。

多くの場合、着付け初心者には着物や帯、帯紐などの道具は無料でレンタルしてくれます。
なので何も道具が揃っていなくても心配要りません。

せっかく日本人として生まれたのだから、伝統衣装である着物を自分で着られるようになりたいものです。
そして自分なりに着こなしを楽しめるようになると、帯にこだわったり、小物使いを楽しんだりと、ますます楽しみは広がるでしょう。
小物づかい


着物には実に様々な色や柄がありますから、レンタルできる場合は色んな着物を
着てみることができるのも大きなメリットです。


実際に着付けを習うようになると、自分だけの一着が欲しくなるという方も多いでしょう。
日常はもちろん、結婚式や社交パーティーなど、着物を着られる機会は多くあります。
着付けが自分でできる人が少ないからこそ、そういった場面で着物を着ると
華やかさもあり上品な雰囲気が出るのですね。